分享按钮

ペット運搬の中で见失い、または死亡航标识を報告しなければならない
米紙ニューヨーク・ポスト紙の育成のため、ペットの輸送安全度を米国が新しいされれば、だったペット空輸過程で現れ死亡、けがをしたり行方不明になった場合、航空会社を提出しなければ相応の報告を受けた。この規定は2015年の1月から施行することにした。

が不足しているためと考えてきた類似の年次報告書によると、动物の権益保護団体where isジャックを整理し、自分が入手した資料の指摘によると、05年から今まで以上にも400匹のペット運搬で死傷者は、

一匹が2歳の現れる引いて、多犬デルタ航空ウルトラ蘭・最高裁の飞行机で日射病で死ぬこともある。

1匹の6歳の金毛りょうけん米合同航空サンディエゴの機内で死亡した。

1匹の7歳のシベリア哈士奇、アラスカの航空便で、シアトルのため暢気しようとした土佐犬が爪が怪我をした。

where is jack創党発起人マリー·のベスト・梅尔基奥田(・beth melchior)は、以上の事例は氷山の一角にだった。现在まで、95 %のペットは紛失の航空会社もない状況を報告することにした。航空会社たくない報告書を発表した。

同組織の名称が一匹、ケネディ空港から行方不明になったノルウェーの名前はjack森の猫だった。2011年、ジャックは米航空機前に逃走し、行方不明になった61日ぶりのことだ。その後それは税関の事務室の天井に転落。極度の栄養不足によって印加重傷を負い、jackやがてで死亡した。

悲しみにkaren pascoe猫の主人は「彼女の猫を貫いてきた61日目。不思議に思った」とし、「しかし、米航空甘受するそれに相応する責任を、大惨事がないのです、ジャックは生命の最后にはターミナルがを離れずにいるだろう」と述べた。


文章から派川託送転载を连れてください- http://www.chinapettravel.com/だった