分享按钮

出発前の保证しなければならないペットが大丈夫!
  平日には猫ちゃんペットの犬を自分の仔女のように痛く惜春、旅に出ると、心の中はいつも千类の仕方が名残惜しさとたくありません。もう一人は、萌え寵を置いて家になりました。もしあなたにもそのような考えがあるならば、すぐにすべきだ」と行动です。计画、ペットと一绪に行くへの旅をしなければならない時に、一体何をどう準備作業だったのだろうか。

検疫証明書の早期託送してあげなければならない

愛犬行楽地への行き来で、交通が先に解決しなければならない問題だ。市场の場合はもちろんなら問題、警衛にペットを車に乗せる风が吹く。が必要でのほうが離れたところに、飞行机に乗っているのは、このような交通方式をきちんと行わなければならず、一部関係の准备をして、いいて活动して一緒に飛行機に乗り込んだ。

一般的には、実現しなければならない愛犬と飛行機の計画には3つの手続きをしなければならない:先が選択しなければならない提供ペット運搬サービスがあって、この方面の経験のある航空会社のところにも、はっきり航空会社に関連した事項で、次にを正そうとする関連法に即して検疫証明書、最後に気を使わなければならないペット都合のよいスーツケースだった。

検疫証明書を早期によいほう期間の準備をしている

航空会社に要求した旅行客が便法でペット託送し、現地の衛生検疫部門が打ち出した動物検疫証明書、すなわち効果的な健康証明書や接種証明書を送っている。受け付けられている時に、まず指定動物クリニックで狂犬病免疫注射し、この動物クリニックの有無と狂犬病免疫が示すように、免疫注射期を超えた後、21日に回さなければならない現地感动されました

前もって航空

航空会社所持許可または託送ペットを持っていれば、旅行に出発する前に少なくとも1 ~ 2日以上の航空会社を知らせが届いて同行の中に、航空会社に備えられるように航空会社を保証のペットが安全でないようにペット尾は便の有酸素クラスを利用しなければならず、託送犬か猫などのペットは数制限のため、旅行客は良くチケットを購入時には、航空会社に連絡してくださいを確保して動物には「船」を発表した。国内の航空会社のルール託送ペットの費用は全額料金の1 . 5 % / kg、例えば全額の料金が1000万ウォン、ペット10 kgだったとしたら、送料は1000 mm×1 . 5 %×10 = 150元。

出発は同日、ペット飼い主しなければ、余分の余裕手続きを踏まなければならない」とし、国内便所用時間)空港に到着し、待っていた。多くの国内航空会社が提供する「無作為託送」サービスを、ペットとあなたに座ってと同じ飛行機で、に落とした後、荷物の経験から抽出ペットすればいい。

しかし、一部外国航空会社の石油をあれらの体型の小さなペット次第で、主人と一绪に、客室内にすれば、ペットの箱に入れる、ペットの箱の中に入れたりのサイズを前の座席の下だけの空間に保管されている。通常の航空会社が規定を所持した一匹のペットが旅客ごとにしかボックスへと、その重さを超えないようにした8キロだが、違うの航空会社が異なるの規定によると、全日空規定ごとに1つの客室内でのみを認めている三人の乗客を所持した一匹の犬、猫と一匹のニンジンかごの中の鳥は、カタール航空だけを認めたハンターや飛米航空便を利用したサービスの犬が機内に入って、アシアナ航空と大韓(テハン)航空規定の1人の乗客を乗せて携帯を拒否した一匹のペットの随行だが、兎、ハムスター、亀など動物入機内で、フィンランドは、飛行機の中で乗客が航空許可に携える


すべてじゃない动物が飛行をしている

今少なからぬ人の家庭で飼っているペット品種さまざまだが、だからといってすべての種類のペットの航空会社はすべて認めるに搭載された。例えば一部冷血動物、爬虫类の动物など、航空会社は運送拒否するとともに、航空会社も拒否は、3分の1を超える妊娠中の动物、48時間以内に分娩の动物で飛行機に乗った。また、一部の短い鼻動物、例えば闘牛犬、猫やちんなども许されないことに航空機,このようなペット身の上生理な呼吸混乱の症状が出やすい窒息死されたため、結局、高度なので、これらの航空会社の禁止規定のため、出発前の必要なものは何かについて質問すると知られているのだ。

ペットの箱を準備に適している

託送を自宅のペットは機内に同行し、持ち主もぜひはペットの都合のよいペット箱もできず、野に勝手に行動しなければならない。搭乗前でなければならないという点を再確認し、ペットの箱を抱き合わせは良くて、ペットのないように駆け寄ってきた。は一部の愛犬と旅行に行くのフォーラムで、ペット飼い主たちが推薦のは基本プラスチックやガラス繊維で製作されたペット箱だけでなく、サイズのいい、ペットが立って踵を返し、風通しがよく、食や水槽にだって防煩わしいや漏えいデザイン、きっと忘れないで、搭乗前は箱の中で、それらが保証する食べ物や水の中に、それらが、旅の途中でその気になればいつでもたむろしなければならない。また、もしあなたのペットめまい、头がくらくらしても、?飛行機


無該当生命保険安全なければならない

託送小动物の前に、航空会社に要求旅客締結動物死亡責任思い上がり単。ジェネラル?モーターズ(gm)の慣行は旅行客は託送の小動物を连れてすべての責任を負うことされれば、小動物を出て、入国を拒否されたりには国境による負傷、紛失や遅れ、病気や死亡、航空会社はない責任をなかったが、これもないと関連した保険、安全に必要なものはペット飼い主自分が担当している。

また、ペットを連れて出国しなければならないが、英国、ニュージーランド、豪州など一部の無狂犬病の国、ペットが必要だという点で隔離施設に長さ1 ~ 6カ月の検疫をなりで長く勤務したりする居住しない场合は、ペットを连れて出国した

心身ともに早急にペットを準備している

たとえ覚悟で愛犬行楽の予定でもなく、に時間と歩いて歩いていきます。ペットと一緒に旅行に多くの事前の調査が必要だとの準備をしている」とし、「特に、ペットの体と心を鍛えて準備が非常に重要だ。検疫は観光する前に、まず問い合わせと知り合いの獣医したいので、専门の人士を手伝っている。自分のペットが適しているか、飛行機に適切かどうか、外食を中长途の旅行、ペットの年齢や体重、飲食店、カッなどの要因が守らなければならないを視野に範疇に最も重要なことは、それらの体の状况では、特に緊張の高圧的な状況下で、一部のペットが起きやすいと呼吸困難や暑さの中、もし強引帯奴らは飛行機旅行を脅かす恐れが大きい。

また、万全を確保するためには、出発前最高せることに慣れているからにおったら、ペットの箱のペットは適応してみよう、ペットの箱の生活を何とか雇い主しなければならない奴らの緊張緩和、旅行前に対して特別のトレーニングをした方がいいして活动してたちを慣らした後になってから、旅に出ている。

文章から派川託送転载を连れてください- http://www.chinapettravel.comだった