分享按钮

米国が制定し航企业ペット安全報告新規だった
ロイター通信によると、2014年7月2日米交通ペット運搬部が制定した航空会社のペット安全報告」の新しい規定が適用される。新規定によると、報告しなければならない運送過程で動物紛失やの死傷者が発生した情报の航空会社の数は、現在の14球から27ヵ所で、このうち増設された比较的小型の事業者だ。

新規定は初めて関係猫と犬の商業運送問題で、愛玩猫だけでなく、ペット犬のほか、それらの飼い猫や犬をされた。また、动物の権益保護団体が希望していた商業運送報告の要請をより多くの动物で、折り合いをできるだけではなく、猫と犬を饲っています。にもかかわらず、米国が要求することは、交通运输部は航空会社の報告を输送中すべての動物の紛失やの死傷者が発生した情報は、事業者に過度な負担となっている。

また、同新規定の要求の航空会社を提出しなければ1部の年次報告書によると、かつ内容を含んで動物運送総数や紛失・死傷者数をしている。現在、航空会社がクレジットカードの報告を出さなければならないんだが、このうちは動物運送の数だ。

米交通运输部フォックス・ニュース(アンソニー・foxx部長)は、観光客を取り込む規定に役に立つだろうがより本格的な把握の航空会社の動物の交通安全状況を見守っている。また、観光客を選択し、航空会社で受賞にはっきりとした当然で洗練された正確な情報が入っている。


文章から派川託送転载を连れてください-http://www.chinapettravel.com