分享按钮

ペット帰国ペットを連れて入国できるように関連法だ
対外付き合いが発展し、ペットの入国からの観光客はますます増えました。でも、ペットの入国ゲートを出てきた多くの手続きがかかるしてこそ成功できるのは自分のペット持ち込んだ中国だ。韓国関連の法規:執しなければならないペットの入国保有なければならず、輸出国や地域の検疫証明書や狂犬病など一部の疫病の免疫注射証を自主申告、纳得入国税関物検疫機関の検疫、検疫合格した时、必ず入国し、不適格な発言とは違い、返送さや焼却処理するからの感染地域のペットじゃだめに到着した。

1 .入国ゲートを出てきた中国の时はペットの犬と猫の種類限定で1人当り毎回持ち込みだった。

2 .旅行客申告の携帯进境道連れ犬、猫、を提供できない輸出国(または地域)に公式にまとめた検疫証明書や狂犬病免疫証明を持っている、あるいは超過規定限定の、税関では通知関門動植物物検疫機関は関係犬、猫を仮差し押さえしなければならない。乗客は、税関動植物検疫機関が定めた期限内に即して退運送域外手続きに入っており、滞納に即して旅行中の人や声明は自動的に廃棄され、一括奉還物品を同一視が関門動植物検疫機関が検疫を処理することにした。

3 .税関動植物検疫機関は、指定された場所はこれと関連し、配偶者の犬や猫実施30日間の隔離検査をすると語った。検疫を経て合格した犬や猫、税関動植物検疫機関の検疫証明書の発給通い进境;検疫不合格の検疫機関請求処理することにした。

4 .隔離検疫期間中に関係道連れ犬や猫を饲う管理は、所有者に責任を負って、または、動植物検疫機関に依頼して税関を彷徨い代行を務めている。検疫、飼育や管理などに関连する费用は、所有者が動植物検疫機関に出さなければならない。

5 .旅行客が进境伴侶犬、猫を違反した場合、動植物検疫機関や税関は法と原則に則って処理する。


文章を连れて転载]をお愿いしますhttp://www.chinapettravel.comだった