分享按钮

国内のペット託送関連条項だ

一、托运人ペット託送貨物を记入しなければならない 国内の貨物託送書を発注して本人は住民登録証や他の効果的な身分証を望むのであれば 托运人刑法単位の紹介状や他の有効証明にも、托运人を提供しなければならない。


二、托运人託送鮮やか易腐物、生体动物で、緊急品や时间に要求規制をすることがあって時は、まず航空会社の貨物運送部門ん行きの飛行機に预约して、日程を海とに区別して約束時間や場所にチェックイン手続きをしています。


三、托运人託送民航制限運送やが必要であると公安当局では、検疫などの関係省庁が貨物の効率的証拠書類を提示しなければならない。


四、托运人対応記入貨物託送本で各種の内容やが提出した資料やファイルの真実性と正確さが担当する。


五、托运人託送し、運送が環境が異なる場合や、貨物の性格、一绪に居られない運送の貨物をそれぞれの貨物託送本記入しなければならない。


文章から派川託送転载を连れてください-http://www.chinapettravel.comだった